会員企業のご紹介

株式会社サンワ興建

一般建築・畜産建築・不動産
秋田県能代市高塙65

地域への「感謝」の思いを忘れない

住宅建築、土木建築・・・など、建築にはさまざまな分野があるが、”畜産建築”をご存知だろうか。牛舎、豚舎、鶏舎堆肥舎、堆肥処理施設や排水水処理施設、農畜産用倉庫などの設計・施工を行うもので、高い専門性が求められる。サンワ興建は、能代市に本社を置きながら、東北、関東、北陸を営業エリアとして東日本の広範囲で畜産業を支えている。

 

進化する畜産業に応える

佐藤社長
佐藤社長

サンワ興建の事業は幅広い。畜産建築の他に、注文住宅・賃貸住宅・一般店舗を扱う住宅建築、公共工事や大型店舗、介護福祉施設などの一般建築、不動産事業を手がける。中でも畜産建築は同社の柱であり、昭和63(1988)年の創業以来、28年の実績がある。
近年は、作業負担の軽減や生産性の効率化のため、畜舎の大型化、飼育のコンピューター化が進んでいる。例えば乳牛の場合は、今や搾乳作業から乳量・体重・採餌量のモニタリングまでコンピューターで自動管理する時代である。「機械化が進む今、我々の取引先の多くは、機械メーカー。コンピューター導入を前提とした建物が求められる。また、生き物はデリケート。暑さ、寒さから守り、いかに快適な建物にできるか。加えて、畜舎につきものである糞尿の問題をどうクリアするか。畜産建築では多くの課題、要望に応えなければならない」と代表取締役の佐藤磨さんは話す。 

 

独自の技術で特許取得

そこで強みとなるのが、木造から鉄骨造まで幅広く扱って培った技術と豊富な経験だ。独自技術で特許を取得した「サンワシステムトラス」は、従来工法と比較して木材使用量を削減しながら強度は十分に備えた軽くて丈夫な木造建物。畜舎は尿からのアンモニアガスが発生により金属の腐食が早いという問題があるが、接合点に合板を使うことで金属の使用量を少なくしている。つまり、腐食に強い。また、最大15mのスパンを柱なしで建築できるので畜舎内を広く使える。さらに、工期が短い、ローコストなどのメリットもある。
独自技術を武器にして、畜産が盛んな東北、関東の太平洋側を中心に地道に実績を上げてきた。

 

人に望まれ、喜ばれる仕事を

畜産建築自体、ニッチな市場であり、建物の耐久年数も長い。だから、売り上げに波があり、立て続けに仕事があるわけではなかった。そこで波を埋めるべく、長年培った技術を他にも活かそうと、後になって住宅建築や一般建築を始めた。また、住宅に関連して不動産も扱うようになった。
「住宅を始めたもう1つの理由は、良い家を提供することで地域の人に喜んでもらいたいという思いもあった」。断熱性、耐震性、耐久性など性能面で優れていることは当たり前。しかも、性能を確約しながら、過剰スペックをそぎ落とし、価格をいかにリーズナブルに抑えるか。家を買う側の立場に配慮する努力を怠らない。昨年からは性能に加え、美しさやデザイン性を重視。「美しい家」とコンセプトを掲げ、美しさ、強さ、暮らしやすさを追求している。また省エネ性にも優れ、2015年、省エネルギー性能の優れた住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」を受賞した。

IMG_9722

 

 

 

 

 

 

感謝の思いを原動力に

このように得意分野を軸に、住宅や不動産など多角的に事業を拡大してきた同社だが、創業からの28年間は、バブル崩壊や景気の低迷、公共工事の減少など、時代の大きな変化もあった。その波をはねのけ、成長を続ける原動力とは−。佐藤社長は「創業時からずっと根底にあるのは、地域に対する感謝の思い」と話す。

 

創業者は、現会長の渡部清春さん。もともと大工であり、創業前から畜産建築を手がけていた。「会長は、叩き上げの人」と佐藤社長が話すように、創業に至るまで、そして経営を軌道に乗せるまで、苦労を重ねながら会社を育ててきた。「地元の秋田県内はじめ、東北、関東など、お世話になっている地域の方々が応援し、創業を後押ししてくれたと聞いている。周りに面倒をかけたという思いと、見守ってくれたことへの感謝の思いから、仕事を通じて地域に恩返ししたいと仕事を続けてきた。会長は決して妥協しない人。口で教えるのではなく、現場に出て自分で仕事を覚えなさいというタイプ。その厳しさは、周囲への深い『感謝』の思いがあるから」と、佐藤社長は渡部会長の苦労を思いやる。

 

DNAを次世代に

「お客様が本当に望むことを実現し、良い商品を提供することで感謝の思いを伝えたい。その一心」
会社が成長し、営業エリアが東北各地、関東、北陸などに拡大するたび、移動が楽な地へ本社移転の話が浮上することもあった。しかし、「この地で創業して地域に世話になった以上、絶対に本社は移さない。移す理由はない」と信念を貫いて今に至る。「周囲への感謝、仕事できることへの感謝…。『感謝』を大切にする我が社のDNAを次世代に受け継いでいきたい。会長はじめ、叩き上げのプロが現役のうちに若い社員を増やし、努力、感謝の精神を教えたい」と佐藤社長は展望を語る。

地元で住宅メーカーとして知られる株式会社サンワ興建様は、細部までこだわった高品質な建物で地域の方々より信頼を受けております。小職が会長や社長と話をすれば、「固定観念にとらわれない新しい発想」「地域のための住まいづくりにおける熱意」が伝わってきます。社員の皆様からもそうした心意気が感じ取れ、このような会社の風土が地域からの信頼を得ているのだと感じます。今後ともメイン行として株式会社サンワ興建様の発展のため、様々なサポートをしていきたいと思っております。
2016年8月 能代支店長

社 名  :  株式会社サンワ興建
代 表  :  代表取締役社長 佐藤 磨
住 所  :  秋田県能代市高塙65
取引支店 :  能代支店
URL  :  http://www.sannwa.co.jp/
業 種  :  一般建築・畜産建築・不動産

会員用サービス|ログインメニュー

  • 本会員向け

    本会員様向けサービスはこちらよりご利用いただけます。
    なお、ご利用にあたり、会員専用ID及びパスワードが必要です。

  • ネット会員向け(日経BPサイトへ)

    ネット会員様向けのサービスはこちらからご利用できます。
    ※ネット会員募集は現在、準備中です。